ライフスタイル 記事

大人から始めるスポーツ6選|運動音痴の人でも気軽に始められるスポーツを紹介

アフィリエイト広告を利用しています。

大人から始めるスポーツ6選|運動音痴の人でも気軽に始められるスポーツを紹介

 

大人からスポーツを始めるって大変だよね
もう若い頃みたいに体が動かないよ・・・

この記事では、

  • 大人になって何かスポーツを始めたい
  • ストレス解消に何かスポーツを始めたい
  • 健康診断で医者に運動を勧められた
  • 筋力・体力の低下を実感し危機感を感じている

など、体を動かしたいけど何がいいのか悩んでいる人に、スポーツをするメリット・デメリット、大人の人でも比較的に始めやすいスポーツを紹介しています。

 

大人からスポーツを始める際のメリット・デメリット

 

大人がスポーツを始める際のメリット

  • 健康的な体型の維持
  • 心肺機能・筋力の向上
  • 脳の活性化(認知症の予防)
  • 睡眠の質の向上
  • ストレス軽減(メンタルヘルスの向上)

上記を見ていただいたら分かる通り、健康や認知症予防など様々な恩恵があります。

 

スポーツの効果ってすごいんだね!

 

大人の人がスポーツを始める際のデメリット

  • 無理をすると疲労が抜けない
    (疲労の蓄積による体調悪化・思考力低下を引き起こす)
  • ケガをする可能性が若い頃に比べて高い
    (激しい運動により、アキレス腱断裂・関節通・腰痛・筋肉痛などになりやすい)
  • 心筋梗塞・脳卒中・不整脈などのリスクが生じる

大人の人がスポーツをする上で一番重要なことは、無理をしないことです。

若い頃はスポーツをしてたからこのくらいは大丈夫!

などと油断をすると大変なことになります。

自分の年齢と体力を考慮した運動の仕方を心がけましょう。

 

無理しちゃダメってことだね!
若い頃に戻りたい(涙

 

大人からスポーツを始める場合に注意すること

大人からスポーツを始める際のメリット・デメリットでも説明した通り、大人の人がスポーツをする場合、若い人とは違いケガなどの危険性がグンと高まります。

いかにケガをしないように気をつけるか、これが大人の人がスポーツをする上での重要になってきます。

 

大人の人がスポーツでケガをしないためには、

  • 適切な装備を整える(適切な靴やサポーターなど、保護具着用によりケガのリスクを軽減する)
  • 正しいフォームやテクニックを身につける(姿勢や動作が適切でない場合、怪我のリスクが高まります)
  • ウォームアップとストレッチ(筋肉や関節を柔軟にしケガのリスクを軽減する)
  • 無理な運動や急激な負荷をかけない(自分の体力や能力に合わせた運動計画を立て、徐々に負荷を増やしていく)
  • 運動中に疲労を感じたり、不調を感じた場合は無理せず休息をとる
  • 運動後は、適切な休息をとる(筋肉や関節の回復を促す)

※万が一のケガや持病がある場合は、医師に相談してから運動を開始することが大切です。

これらを徹底することにより、ケガを未然に防ぐことが大切です。

 

スポーツを始める前にこれだけはやっておこう

大人からスポーツを始める場合、若い人とは違い色々な点で注意しないといけません。

こちらでは、スポーツを長く続けるためにやった方がいいことを紹介しています。

 

健康診断を受けること

スポーツを始める前に、医師による健康診断を受けることが重要です。

心臓や肺などの状態を確認することで、スポーツに適した運動量を見つけることができます。

スポーツを始める前に健康診断を受けることは、安全かつ効果的に運動を行うために非常に重要です。

以下は、一般的な健康診断の項目です。

●身体検査

体重測定の画像

身長、体重、血圧、心拍数などの基本的な身体測定を行います。

また、視力や聴力の検査も含まれる場合があります。

 

●病歴の確認

応診

過去の病気や手術の履歴、アレルギー、現在の症状などについて尋ねられます。

特に心臓病や呼吸器疾患、骨折などの有無について質問されることがあります。

 

●心電図 (ECG)

心電図の画像

心臓のリズムや機能を評価するために、心電図検査が行われます。

これは特に高強度のスポーツをする場合や心臓に関する問題が疑われる場合に重要です。

 

●血液検査

血液検査の画像

血液中のヘモグロビンやクレアチニンなどのパラメーターを測定し、一般的な健康状態や腎機能などを検査します。

 

●心肺機能評価

心拍数の画像

肺活量や呼吸機能、心拍数などを測定し、適切な運動負荷に耐えられるかどうかを調べます。

 

●骨密度検査

骨密度の画像

骨粗鬆症のリスクを評価するために、骨密度検査を行います。

 

診断を受けたのち、問診時に必ずアドバイスを受けましょう。

 

スポーツに必要な道具を用意すること

スポーツを始める前に、適切なスポーツ用品を用意することが必要です。

以下のアイテムがスポーツをする上で必要なものです。

 

●スポーツウェア

快適で適切な動きをサポートするスポーツウェアを選びましょう。

トップス、ボトムス、ソックス、アンダーウェアなどが含まれます。

おすすめのスポーツウェア

楽天Amazon
adidas ジャージ上下セット
5,980円
優れた吸汗性・透湿性・速乾性
>>購入はコチラ
TULTEXジェージ上下セット
5,832円
ストレッチ素材で動きやすい
>>購入はコチラ
レディーススポーツウェア3点セット
3,980円
シンプルなデザインで使いやすい
>>購入はコチラ
レディーストレーニングウェア上下セット
3,744円
伸縮性◎・吸汗速乾
>>購入はコチラ

 

●シューズ

スポーツに適したシューズを選びましょう。

ランニングシューズ、サッカーシューズ、テニスシューズなど、各スポーツに特化したシューズがあります。

おすすめスポースシューズ

楽天Amazon
アシックス
ランニングシューズ
10,998円
反発性と軽量性を両立
>>購入はコチラ
new balance
ランニングシューズ
7,069円
運動時にも普段履きにも使える
>>購入はコチラ
アンダーアーマー
メンズシューズ
6,435円
快適なフィット感と履き心地
>>購入はコチラ
Socviisメンズスニーカー
6,532円 44%OFF 3,647円
弾力性・フィット感◎
>>購入はコチラ

 

●スポーツ用バッグ

スポーツ用バッグは、スポーツウェア、シューズ、タオル、水ボトルなどの持ち運びに便利です。

おすすめスポーツバッグ

楽天Amazon
MIZNO
2023年春夏モデルバッグ
8,041円
収納スペースがたくさん
>>購入はコチラ
アンブロ リュックサック
7,821円
ボールもシューズも入る
>>購入はコチラ
FILA ボストンバッグ
6,490円
大量用で使いやすい
>>購入はコチラ
PYKES PEAK
ボストンバッグ
3,980円
シューズインポケット付き
>>購入はコチラ

 

●トレーニング用品

筋力トレーニングやストレッチングなどのためのトレーニング用具も用意しましょう。

ダンベル、エクササイズボール、バランスディスクなどがあります。

おすすめトレーニング用品

楽天Amazon
ヨガポール
3,980円
寝転がるだけでストレッチ
>>購入はコチラ
バランスボール
2,699円
プロ仕様の安定感
>>購入はコチラ
アンクルウエイト
1,650円
自宅で簡単トレーニング
>>購入はコチラ
腹筋ローラー
1,880円
初心者でも使いやすい
>>購入はコチラ

 

●水ボトル

スポーツ中に水分補給をするための水ボトルを持ちましょう。

特に長時間の運動や屋外での活動では重要です。

おすすめのボトル

楽天Amazon
アクティブタンブラー
4,620円
大容量800ml
>>購入はコチラ
ピーコック 水筒
3,436円
炭酸飲料も対応
>>購入はコチラ
マヴィックブラックボトル
3,480円
日本国内では未発表のレア商品
>>購入はコチラ
TAKEYA サーモフラスク
2,970円
保冷専用・直飲水筒
>>購入はコチラ

 

●日焼け止め

屋外スポーツをする場合は、日焼け止めクリームを使用して肌を保護しましょう。

おすすめ日焼け止め

楽天Amazon
ドクターシーラボ
UV&BRIGHT 50+
3,520円
ゲルタイプのうるおいUV
>>購入はコチラ
トップアスリート
サンプロテクト
4,070円
強力UVバリアコート
>>購入はコチラ
NULL ウォータープルーフ
2,017円
汗や水に強い!スポーツにおすすめ
>>購入はコチラ
すっと伸びて肌にやさしい
本格日焼け止め
2,680円
日焼け止め+スキンケア
>>購入はコチラ

 

これらは一般的なスポーツ用品の例ですが、特定のスポーツや活動によって必要なアイテムが異なる場合があります。

スポーツの種類や個人のニーズに合わせて、必要なスポーツ用品を準備しましょう。

目標を設定すること

目標設定の画像

スポーツを始める前に、自分の目標を明確にすることが重要です。

体力向上、ダイエット、ストレス解消など、理由は何でもかまいませんが、目標が明確であることが成功の鍵です。

スポーツの目的は、人々が個人的な目標や価値を追求し、身体的な活動や競技を通じて達成することを指します。

以下は、一般的なスポーツの目的設定の例です。

スポーツを始める目的例

  • 健康促進
  • フィットネス
  • スキルの習得
  • 競技や試合への参加
  • ストレス解消
  • 社交と交流

●健康促進

スポーツは健康を維持したり向上させたりするための効果的な手段です。

身体的な健康を維持し、心臓機能や筋力を向上させることが目的とされる場合があります。

 

●フィットネス

スポーツは身体的なフィットネスや体力の向上を目指すために行われることもあります。

具体的な目標としては、体脂肪率の低下、筋力の増強、持久力の向上などがあります。

 

●スキルの習得

スポーツは特定のスキルや技術の習得を目指すこともあります。

例えば、サッカーでの正確なパスやシュートの習得、テニスでの正確なサーブやストロークの習得などが該当します。

 

●競技や試合への参加

スポーツは競技や試合に参加することを目的とする場合もあります。

個人やチームとして他者と競い合い、勝利を目指すことでスポーツの醍醐味を味わいます

 

●ストレス解消

スポーツは身体的な活動によってストレスを解消するために行われることもあります。

運動によってストレスホルモンの分泌が抑制され、リラックスや心地良さを得ることができます。

 

●社交と交流

スポーツは人々が集まり、交流を深める機会を提供することもあります。

チームスポーツやグループ活動を通じて、友情や協力関係を築くことが目的とされる場合があります。

 





 

着実にスタートすること

スポーツを始める場合、熱心に練習しすぎると、ケガや疲労感が発生し、挫折することがあります。

着実に始め、ステップバイステップで自分のペースを見つけることが重要です。

 

初心者の場合は、無理な負荷や高度な技術を求める競技に飛び込むのは避けましょう

自分の能力や経験に合ったレベルのスポーツから始め、徐々にスキルを向上させていきましょう。

 

●運動音痴でも始められる?

「スポーツをしたいけど運動音痴だから無理だろうな…」

と思っている人も多いと思います。

運動音痴だからと言って諦める必要はありません。

この記事で紹介するスポーツは運動音痴の人にもおすすめです。

まずはやってみようと思い、行動することが大切です。

 

コーチや専門家のアドバイスを聞くこと

スポーツを始めたばかりの場合、コーチや専門家からアドバイスを受けることが大切です。

正しいテクニックや運動量を学び、効果的に練習することができます。

 

体に異常があると始める前からドクターストップがかかってしまいます。

しっかり自分の体と向き合い、自分の体のことを知り、自分に合った運動量から始めていきましょう。

そして、スポーツを楽しむことで、健康面やストレス解消に役立ちます。

大人から始めるおすすめのスポーツ

大人からでも始めることができるスポーツは多々ありますが、

こちらでは、運動初心者におすすめのスポーツを紹介しています。

 

初心者におすすめ①:ウォーキング

ウォーキングは、ジョギング・ランニングに比べて負担が少なく、ストレス解消やリフレッシュにも効果的です。

普通に歩くのではなく、いつもより少し早いペースで腕を大きく振ることが効果UPの秘訣です。

運動不足の人にもおすすめの入門者スポーツになります。

 

ウォーキングによる効果

  • 脂肪燃焼、代謝改善
  • 心臓血管系の健康改善
  • 筋肉と骨格系の健康維持
  • ストレス緩和
  • 睡眠の質を向上

ウォーキングは健康に良い影響を与える多くのメリットがあることがわかります。

注意点としては、適切なシューズを選び、十分な水分補給をすることが大切です。

 

運動音痴の人にもおすすめな点

  • 自分のペースで行える
  • 団体競技ではないので他人に迷惑をかけない

特に、ウォーキングをしながら音楽を聴くと、リズム・テンポよくウォーキングを楽しむことができるのでおすすめです。

ウォーキングで音楽を聴くおすすめのスマホアプリ

アプリ名

Amazon MusicAmazonMusicアイコン

AWA

AWAアイコン

YouTube Music

YotubeMusicアイコン

配信曲数1億曲以上1億2000万曲約9000万曲
月額料金1,080円

(プライム会員なら880円)

980円

(スタンダードプラン)

980円

(一般プラン)

無料期間30日間1ヶ月間1ヶ月間
登録ページ

(公式サイト)

Amazon MusicAWAYoutube Music

 

体調管理として、近年ではスマートウォッチなどで通った道の記録、消費したカロリーなども分析してくれるので、コチラもぜひ取り入れてみてください。

Apple・iPhoneユーザーにおすすめアップルウォッチ

楽天Amazon
44mm GPS+Cellularモデル
50,800円
>>購入はコチラ
Apple Watch Series 8
61,560円
>>購入はコチラ
40mm MNJP3J/A
39,420円
>>購入はコチラ
41mmレギュラー GPSモデル
56,810円
>>購入はコチラ

 

初心者におすすめ②:ジョギング・ランニング

ジョギングやランニングは、最もポピュラーで始めやすいスポーツの一つであり、上記で説明したウォーキングが物足りなくなった人がステップアップして始めるスポーツでもあります。

運動不足の人は、いきなりジョギング・ランニングを始めるより、ウォーキングから始めた方が、ケガの軽減にもつながります。

始めるのに必要なのは、適切なウェア&シューズだけです。

また、距離や時間を少しずつ増やすことで、徐々に体力をつけることができ、慣れてくると各地で開催されているマラソン大会の参加など、長く続けるための目標設定がしやすいのもおすすめな点です。

ジョギングやランニングによる効果

  • 心肺機能の向上
  • 筋力の向上
  • 免疫力の向上
  • 脂肪燃焼効果
  • ストレス解消効果
  • 睡眠の質を向上

注意点として、ウォーキングより運動としては体への負担が大きいため、より入念な走る前のストレッチ、無理をしない計画設計が必要になります。

 

ジョギング・ランニングを行うにあたって、気をつけること

  • 適切なシューズとウェアの準備をする
  • ウォームアップとストレッチを行う
  • 適切なペースと距離で行う
  • 水分補給と栄養を摂取する
  • 体のサインに注意する

無理をせず、自分に合った運動量やペースで行うようにしましょう。

 

運動音痴の人にもおすすめな点

  • 自分のペースで行える
  • 団体競技ではないので他人に迷惑をかけない

ジョギング・ランニングでも音楽を聴くことにより、リズム・テンポよく楽しんでジョギング・ランニングに取り組むことができます。

ランニングで音楽を聴くおすすめのスマホアプリ

アプリ名

Amazon MusicAmazonMusicアイコン

AWA

AWAアイコン

YouTube Music

YotubeMusicアイコン

配信曲数1億曲以上1億2000万曲約9000万曲
月額料金1,080円

(プライム会員なら880円)

980円

(スタンダードプラン)

980円

(一般プラン)

無料期間30日間1ヶ月間1ヶ月間
登録ページ

(公式サイト)

Amazon MusicAWAYoutube Music

 

体調管理として、近年ではスマートウォッチなどで通った道の記録、消費したカロリーなども分析してくれるので、コチラもぜひ取り入れてみてください。

 

初心者におすすめ③:スイミング

スイミングは全身運動ですが、水中で行うためケガのリスクが低い、年齢を問わず始めらるおすすめのスポーツです。

水中での運動は、身体への衝撃を軽減するため、ケガや疲労感が少なく、運動不足解消にも効果的です。

 

スイミングの効果

  • 心肺機能の改善に非常に効果的
  • 身体の引き締めや体力向上に効果的
  • ストレスホルモンの分泌を抑える
  • 身体機能の回復を促進

 

スイミングを始める場合、以下のことに気をつけましょう。

スイミングで気をつけること

  • 健康状態の確認
  • 指導者やコーチの指導を受ける
  • ウォーミングアップとストレッチを行う
  • 水中での姿勢と呼吸法
  • 水の安全性に注意
  • 水泳の範囲は徐々に広げる

これらの注意点を守りながら、水泳を楽しんでください。

また、適度な休息や水分補給も忘れずに行いましょう。

 

運動音痴の人にもおすすめな点

  • 自分のペースで行える
  • 団体競技ではないので他人に迷惑をかけない
  • 運動音痴の人でも、水中ではスムーズに動ける場合がある
  • 運動音痴の人は変に力を入れたりとケガをしやすい場合があるが、水中は全身に満遍なく負荷がかかるのでケガの軽減につながる

水泳を始める場合、近くのプールに通うのも一つの手ですが、スイミング教室などで正しいフォームや無理のないスケジュールを組んでもらうのも、ケガや長期的に続けていくためには必要です。

 

初心者におすすめ④:ゴルフ

ゴルフは、適度な運動量と集中力が必要なスポーツです。

練習場やゴルフ場が多く、コミュニケーションをとりながら、楽しくプレイすることができます。

ゴルフをすることで様々な効果が現れます。

ゴルフの効果

  • 運動不足の解消
  • ストレス解消
  • 人間関係を築く
  • 脳トレに効果的

以上のように、ゴルフには運動不足解消、ストレス解消、社交的な活動、脳トレなど、多くの健康に良い効果があります。

 

ゴルフを始める場合、以下のことに注意しましょう。

ゴルフを始める注意点

  • ゴルフ用品選びはゴルフ熟練者に聞く
  • ルールやランドマナーの学習
  • 練習場で正しいフォームやスイングを身につける
  • 安全面への配慮

ゴルフは、ルールももちろんですが、ラウンドでのマナーなども大切です。

他のゴルファーとの協力や配慮、コミュニケーションなども重要なことなので、技術面以外にも身につけることが多い分、初心者にとって少々難易度が高いかもしれません。

しかし、関節や筋肉への負荷が比較的低いスポーツであり、高齢者や運動が苦手な人にも取り組みやすい運動です。

 

運動音痴の人にもおすすめな点

  • 運動音痴のプロゴルファーもいる
    (賞金女王がゴルフに運動神経は関係ないと言っている⇐関谷亜矢子の戦士のほっとタイムより)
  • 運動神経が悪くても反復練習で上達することができる
  • 打ちっぱなしなどの練習では自分のペースで行うことができる

ゴルフを上達する秘訣は、経験者にアドバイスをもらうことです。

下のグラフを見ていただくと分かるように、ゴルフをしている世代は60〜70代が最も多く、ついで40〜50代になっています。

まだまだ始めるのに遅いと言ったことはありません。

■ゴルファー×性年代別グラフ

ゴルファー×性年代別グラフ

画像出典:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社「第1回 『 ゴルフに関するアンケート調査 

 

ゴルフを始めたいと思ったら独学よりもレッスンがおすすめ⇓

ゴルフステーション新宿


 

初心者におすすめ⑤:ヨガ

ヨガは、心身ともに健康になることができるスポーツであり、身体の柔軟性UP、ストレス解消、精神的にも落ち着きを得ることができるおすすめスポーツです。

年齢、性別、身体的制限に関係なく、誰でも始めることができます。

 

ヨガによる効果

  • 柔軟性向上
  • 筋力強化
  • ストレス解消
  • リラックス効果
  • 心臓病予防
  • 呼吸法の改善
  • 集中力の向上

ストレス解消や筋力強化、柔軟性向上などは、現代社会で多くの人が抱える健康問題に対して、ヨガは有効な手段となります。

ヨガを始める場合、注意点は以下の通りです。

ヨガを始める注意点

  • 穏やかな環境で行う
  • ウォーミングアップを行う
  • 呼吸に意識を向ける
  • 慎重にポーズを行う
  • 自分のペースで行う

ヨガは、呼吸に意識を向け、集中力を高めて行うスポーツです。

無理をせず、自分のペースで適切に行いましょう。

 

運動音痴の人にもおすすめな点

  • 自分のペースで行える
  • 自室でできるので人の目を気にしなくて済む
  • 教材や動画などもネット上にあるので道具を揃えるだけで始められる

ヨガを始めるのに一人で完結したい方はコチラがおすすめ⇓

ヨガマットの売れ筋

楽天Amazon
極厚極広ヨガマット
3,980円
楽天ヨガマット売れ筋No.1
>>購入はコチラ
PROIRON 高級ヨガマット
3,980円
環境に優しい高級素材使用
>>購入はコチラ
TPE ヨガマット
2,780円
インスタでも多数紹介!
>>購入はコチラ
ATIVAFIT ヨガマット
3,380円
収納バンド付きで持運び便利
>>購入はコチラ
折りたためるヨガマット
2,580円
バッグに収納で持ち運び便利
>>購入はコチラ
JOYme ヨガマット
3,960円1,980円 50%off!
防音&水洗い可能
>>購入はコチラ

 

ヨガのやり方はYouTubeでも学べるのでコチラの動画もおすすめ

 

広告が流れて嫌だという方には

YouTube Premium (1ヶ月間無料トライアル実施中)

 

YouTubeなど広告は嫌だし、月々有料プランに入るのも嫌な方はDVDがおすすめ

ヨガDVDの売れ筋

楽天Amazon
30代からはじめる
キレイを創る簡単ヨガ
3,065円
>>購入はコチラ
v
Watamoto TOGA Studio
3,100円
>>購入はコチラ
はじめてのヨガ
2,177円
>>購入はコチラ
さよならぽっこりお腹
2,970円 10%クーポンあり!
>>購入はコチラ
アンチエイチングヨガDVD
2,082円
>>購入はコチラ
【DVDつき】
体が硬い人のヨガ入門
1,430円
>>購入はコチラ

 

スクールに通って他の人と一緒に頑張りたいという方におすすめのスクールは⇓

ホットヨガスタイルロイブホットヨガのカルド


初心者におすすめ⑥:ダーツ

ダーツの画像

ちょっと洒落たイメージのあるダーツ。

ゲームと思っている方も多いかもしれませんが、ダーツもスポーツなんです。

ダーツは身体の動きや技術、戦略、集中力などが求められる競技として位置付けられています。

 

ダーツをすることで、以下の効果が挙げられます。

ダーツによる効果

  • 集中力の向上
  • ストレス軽減
  • 自律神経の強化
  • 認知症防止効果
  • 腕・足・腰の筋力向上
  • 社交性と交流の促進

ダーツは簡単なようで奥が深いスポーツです。

集中力が養われ、的の中心を射止めた時の達成感は計り知れません。

 

ダーツの注意点

  • 姿勢とバランスの確保
  • グリップの確立
  • ダーツの狙い方
  • スローイングのスムーズさ
  • 練習と反復

これらのコツを実践することで、ダーツのスキルを向上させることができます。

 

運動音痴の人にもおすすめな点

  • 自分のペースで行える
  • 道具を用意すれば自室で練習できる
  • 教材や動画がネット上にある
  • フィジカルにたよる部分が少ない
  • 運動音痴の人でも練習で上達することができる

 

ダーツを始める場合におすすめのスターターセットはコチラ⇓

楽天Amazon
【楽天ランキング1位】
電子ダーツボードセット
6,380円
>>購入はコチラ
ダーツライブゼロボードセット
9,227円
>>購入はコチラ
電子ダーツセット
4,120円
>>購入はコチラ
Vastelement ダーツボードセット
7,577円
>>購入はコチラ

 

ダーツの始め方は動画で学習することができます!

広告が流れて嫌だという方には

YouTube Premium (1ヶ月間無料トライアル実施中)

 

大人から始めるスポーツまとめ

大人から始めるにあたって、初心者でも安全かつ始めるまでのコストが低いスポーツを紹介してきました。

スポーツにケガはつきものです。

しかし、若い頃とは違い、身体に与えるダメージが大人の人の方が大きいこともあり、慎重に行うことがケガ予防や長期的に続けるためには必要です。

ケガに注意しながら、スポーツを楽しみ、健康的な生活を送っていきましょう。

 

あわせて読みたい

趣味がない人に見て欲しい記事

趣味が欲しい!1人でも楽しめる大人のおすすめ趣味を紹介

お金のかからない大人の習い事は何がある?

お金のかからない大人の習い事|男女別50人のアンケート結果を紹介

女子力アップに繋がる大人女子アプリを紹介

【オトナ女子】必須アプリ12選|厳選されたアプリで女子力アップ

    -ライフスタイル, 記事