ライフスタイル 記事

ダイソン掃除機のここがすごい!特徴やメリット・デメリットを紹介

 

ダイソンって値段も高いし手が出しにくいイメージ…

 

それだけ高機能で使いやすいことが特徴なんです。

 

最近ではダイソンの掃除機が注目されていますが、どのような特徴や使い方があるのか気になるものです。

この記事では特徴や長所、メリット・デメリット、おすすめの掃除機を紹介し、気になる人に役立つ情報を紹介していきます。

ダイソンの掃除機に対して興味や関心があればこの記事を参考に、生活に活かせる機種を選ぶきっかけにすると良いと思います。

ダイソン掃除機の特徴

ダイソンの掃除機は多くのゴミを吸い取ることができ、それでも吸引力が落ちないことが特徴です。

サイクロンでゴミを吸い取り空気と分離する仕組みのため、吸引力が下がることを防げて掃除の効率を高めます。

掃除機はコードレスタイプや全方向駆動モデルなどもあり、使用する場所に合わせて選ぶと便利です。

 

また、利用者のニーズに応えるモデルがラインナップされているため、それぞれの特徴や使用用途を比較すると選ぶきっかけになります。

最近では「Vシリーズ」や「DigitalSlim」などのシリーズがあり、状況に合わせて使いやすいことが特徴です。

 

部屋の大きさや間取りなどに合わせてジャストデザインのものを選びましょう。

 

ダイソン掃除機のタイプ

  • コードレスタイプ
  • キャニスタータイプ
  • ロボットタイプ

ダイソンの掃除機のタイプは以上の3つがあります。

また、生活のスタイルに合わせて掃除をスムーズにできるよう新たなタイプが開発され、かかる時間や体にかかる負担を軽減できるようにすると余分な手間を省けます。

 

あわせて読みたい!

【レビュー】シャーク ハンディクリーナーW35Pはおすすめ?|実際の使用感を解説

シャーク ハンディクリーナーW35Pを使用してみて感じたことを解説します。使い勝手や値段、付属品の紹介もしています。

続きを見る

 

コードレスタイプ

コードレスタイプはコンセントがなくても使えるため、場所を選ばずに掃除をしやすいことが特徴です。

このため、コンセントから遠い場所でも気軽に使えるため、一気に掃除をしたい場合に役に立ちます。

 

コードレスだとわずらわしいコードの絡まりやコンセントの付け替えの手間が省けます。

 

また、ハンディクリーナータイプや軽量モデルもあり、長さを調整することで体に負担をかけずに使えて便利です。

最近では「Fluffy」や「Slim」などのモデルもあり、好みに合わせて掃除にかかる時間や手間を省けるようにすると多忙な場合にも気軽にできます。

 

キャニスタータイプ

キャニスタータイプはコンセントが必要ですが、充電する必要がなく途中でバッテリー切れになることを防げます。

コンセントがある掃除機は移動中に転倒する危険性があり避けたいものですが、「セルフライティング機能」があり自動で起き上がるため安心です。

 

また、2種類のブラシを組み合わせることやナイロンフェルトで覆われたローラーを搭載しているため、今までの掃除機では落ちなかった汚れにも対応できます。

「Ballテクノロジー」は気軽に方向転換ができる機能になり、障害物や家具があっても避けて効率良く動きやすいです。

 

ロボットタイプ

ロボットタイプは自動走行のため事前にルートを設定するだけで済み、学習機能を備えていて情報を更新していくと効率アップができます。

掃除をする時間がない場合に最適ですが、ルートを覚えさせるまでには時間がかかることが多いです。

 

ロボットタイプは、仕事に行っている間や出かけている間に自動で掃除をしてくれるので便利ですね。

 

2つのテクノロジーは毎分最大78,000回転する「ダイソン デジタルモーター V2」とゴミや微細なホコリと空気を分離する「Radial Root Cyclone テクノロジー」があり、ゴミを吸い取る力が強くて安心できます。

 

ロボットタイプを使用する際に注意することがあります。

自動なので床に何が落ちていようがそのまま吸ってしまいます

携帯の充電コードや指輪なども吸い込んでしまうので要注意です。

コード類などは吸い込んだ時点で異常を感知し、緊急ストップします。

ロボット掃除機にエラーが出た場合、知らせてくれるアプリもありますので、そちらを利用することをおすすめします。

 

\Dyson 360 Heurist ロボット掃除機 楽天市場111,790円/

ダイソン掃除機のここがすごい!

ダイソンの掃除機はサイクロンを使って汚れを落とすため、吸引力を維持しながら部屋の空気よりも排気がきれいになることが特徴です。

ダイソンデジタルモーターは26年の歴史において様々なパーツが進化し、最新バージョンの「ダイソン デジタルモーター V11」では毎分12万5000回と回転数が多いです。

 

このため、空気とゴミを分離しやすくなり、0.3ミクロンもの微細な粒子を99.97%捕らえて部屋の内部よりもキレイな空気を排気できます。

サイクロン式の掃除機は紙パックを使わないため、交換の手間やコストがかからなくて便利です。

ゴミはクリアビンにためてから一気に捨てるため、手が汚れることを防げます。

 

色々な手間が省けると気楽に掃除ができますね。

 

\ダイソン公式サイト限定ダイソンウィーク開催中!お得情報要チェック!/


 

こちらもCHECK

インテリアで暮らしに変化を|プロが選ぶおしゃれな間仕切り家具10選!

「おしゃれなインテリアで部屋を変えたい」「家具での部屋の空間を上手に仕切りたい」などの悩みをプロが解決!インテリアについて解説しています。

続きを見る

 

ダイソン掃除機のメリット・デメリット

ダイソン掃除機メリット

  • 紙パックを使う必要がなく、途中で交換する手間や時間を省ける
  • モーターが高速回転をして効率的に汚れを落とせ、体に負担をかけずに室内をきれいにしやすい
  • 使用する場所に応じて様々なタイプを使い分けできる
  • コードレスタイプであればコンセントがなくてもできる
  • ロボットタイプはそのまま放置するだけで掃除してくれる

 

ダイソン掃除機デメリット

  • パイプが長くて扱いにくく、狭い場所を掃除するには厳しい
  • モーター音が大きめで騒音が気になる
  • コードレスタイプや充電式の場合はバッテリー持ちが悪く、肝心なときに止まってしまう

 

メリット・デメリットは何にせよ必ず出てきますが、自分が何を重視するかが重要です。

 

\ダイソンウィーク開催中!買うなら今!/


こちらもCHECK

LINEMO(ラインモ)に乗り換え|メリット・デメリットは?

話題のLINEMOについて紹介しています。LINEMOの特徴、乗り換えの注意点、料金、メリット・デメリットなどを使用経験者が解説していきます!

続きを見る

 

おすすめのダイソン掃除機

 

1.ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V11 Fluffy SV14 FF

モーターが強力で同心円状に配置された円錐型のサイクロンが強い遠心力を生み出し、ゴミやホコリを空気から分離しクリアビンへ送り込む流れになります。

スティック掃除機はパイプを外せばハンディタイプとしても使え、付属パーツも状況に合わせて選べてオールマイティに使いやすいです。

 

2.ダイソン V7 Trigger HH11MH

ハンディタイプのため軽くて小回りが利き、大きい掃除機では落とせない場所の汚れを除去できます。

コードレスタイプで最大で1分に11万回転する高速モーターが特徴で、価格もほかの機種よりも安いです。

また、車の中やデスク周りなど狭い場所の汚れも落とせ、手軽に掃除をしたいと考えている人に向いています。

 

\Dyson V7 Triggerpro コードレスハンディクリーナー HH11MHPRO 楽天市場44,900円/


こちらもCHECK

【おうち時間の過ごし方】自分の好きなことで1日を楽しむ

コロナ禍でおうちにいる時間も増えていると思います。家の中ですることも限られてきますが、どんなことでおうち時間を楽しめるのか、おすすめのアイテムをご紹介します。

続きを見る

ダイソンに関するまとめ

ダイソンの掃除機は好みに合わせて様々なタイプが選べ、高速回転するモーターで汚れを効率良く落とせます。

しかし、モーター音が大きくて騒音が気になる人には厳しいですが、そのデメリットを補えるメリットも多いです。

 

また、紙パックを準備する必要がなく余分な手間やコストを省いてスムーズに掃除をしやすく、付属ツールを使えばオールマイティーに活用できます。

ただし、パイプが長く重さもあるため体に負担がかかることもあり、事前にタイプや内容を比較してから選ぶことが大事です。

 

こちらもCHECK

 

-ライフスタイル, 記事