レビュー・口コミ 記事

北海道グルメ【帯広編】地元民が紹介するおすすめ5選!

アフィリエイト広告を利用しています。

 

北海道は何を食べても美味しいものばかりですね。
海の幸、山の幸、乳製品、とにかく絶品です!

 

北海道は行きたい旅行先で人気の場所です。

グルメは特に楽しみで来ている人は多いですが、今回は帯広市のおすすめグルメについて紹介していきます。

 

帯広市のおすすめグルメ

みなさん北海道に旅行するといったら真っ先に思い浮かぶのがグルメだと思います。

とれたての海鮮や、北海道の食材を使用した具材たっぷり味噌ラーメンなどなど、「美味しいもの天国とはまさに北海道の事だ!」と勝手に自負しています。

しかし、北海道に旅行しにくる観光客のほとんどが、海鮮を求め函館へ。

グルメと娯楽を兼ね備えた札幌へ行ってしまう、、、非常に勿体ない!

北海道には函館や札幌以外にも美味しいものが沢山あるのにも関わらず、他の地域を開拓しようとしない。

そこで、今回は地元である帯広市のグルメを紹介していこうと思います。

 

こちらもCHECK

 

はなとかちの豚丼

まずは、帯広といったら豚丼です。

帯広市は豚丼が有名で数多くのお店があります。

その中でもここ「はなとかち」の豚丼は、私が食べた豚丼の中でダントツで1位の豚丼です!

 

テーブルに運ばれた瞬間に多くの人は驚くでしょう。

なぜなら蓋から豚肉がはみ出ているからです。

そのあまりの光景から食欲を一気に掻き立てられます。

蓋を開けた瞬間待っているのは、グリンピースではなく、なんと!北海道中札内で取れた枝豆が乗っかっています。

そして枝豆に衝撃を受けるまもなく、日本酒、はちみつを使用した自家製ダレの香りがいっせいに広がります。

 

この記事を書いている最中に食べたあの日を思い出してしまって、お腹が減ってしまいました。

オススメは「半ばら豚丼 中盛」(1,370円)です。ぜひ食べていただきたい一品です。

 

店舗情報

豚丼のはなとかち

住所:北海道帯広市大通り南12丁目2-4 佳ビル1F

TEL:0155-21-3680

営業時間:11:00〜19:00(※平日は15:00〜18:00まで中休み)

定休日:火曜日(祝日は営業)

駐車場:5台あり

クレジットカード・電子マネー・QRコード決済可

 

インデアンカレー

「ん???カレー???」と思ったそこのあなた!断言します。

このカレーを食べたら、もう2度と他のカレーじゃ満足できない体になると思います。

このインデアンカレーは帯広市のソールフードとも言われているほどに地元に人に愛されています。

私自身も幼少期から通っていますが、本当に毎日食べても飽きないカレーです。

周囲の人で嫌いという人を見たこともありません。

それだけ美味しいカレーなのです。

 

また、バナナマンのせっかくグルメにて、日村さんにも食べていただき、絶賛していたカレーでもあります。

 

そして私がオススメするのが、インデアンカレー(420円)です。

「420円!?いくらなんでも安すぎませんか!?」と、東京の知人にここを紹介したときに言われたほどです。

そうなんです、安いんです!

東京でカレーをこの単価で食べられるお店はないと言っていいでしょう。

しかもクオリティーが高い!最高のコストパフォーマンスカレーです。

 

ここからはオススメの食べ方を紹介したいと思います。

私は、このインデアンカレーを大盛りで注文してトッピングにチーズを注文します。

これでも1,000円は超えません

料理が運ばれてきたら、すかさず手前にある福神漬けに手を伸ばし、これをチーズと絡み合ったカレーと食べていく。

私はこの瞬間のために生きてきたのだと錯覚してしまうほどの美味しさが待っているはずです。

 

また、インデアンルーを使用した野菜カレーもオススメです。

この野菜カレーは毎回売り切れてしまうほど人気なので、開店と同時に入店しないと売り切れてしまうかも。

さらにインデアンカレーのすごいところは、自宅から持ち込みの鍋を持っていくとルーだけ購入できるシステムがあるんです。

容器やライスの代金はかからないので家計にも優しいカレーです。

帯広に来たらぜひ寄ってみて下さい。

 

店舗情報

インデアン

店舗によって営業時間・定休日が違います。

【帯広地区】

【釧路地区】

 

焼肉の五条園

北海道と言ったらやっぱりジンギスカン、ではなく、私はサガリだと思っています。

サガリって?

内臓の横隔膜の部位。肋骨側=サガリ、背中側=ハラミ

そしてそのサガリが一番美味しいお店がこの「焼肉の五条園」です。

店内の雰囲気は昔ながらの焼肉屋をイメージさせ、扉を開けたらまず巨大な水槽のお出迎え。

焼肉屋なのに魚が泳いでいるなんとも言えない光景ですが、店主の方が昔から飼っている魚だそうです。

 

そしてきたら必ず注文するのが、先ほども言ったサガリ。

ここのサガリは本当に一味も二味も、、、三味も違うと断言していいほどに絶品です。

口に入れた瞬間に溶けます!カルビと違って脂身は少ないはずなのに、肉は柔らかく、上質な油に包まれたサガリは口の中でうまみが溢れ広がります。

このサガリと大盛りご飯の組み合わせは最高のコンビネーションです。

 

会計が終わったら店主のおばちゃんが毎回ガムをくれます。

こういったアフターケアがあるのもオススメポイントです。

帯広に来てお肉が食べたい方はぜひここ、「焼肉の五条園」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

店舗情報

焼肉の五条園

住所:帯広市西十三条南15-2-12

TEL:0155-22-0233

営業時間:火〜金曜日⇒11:00〜14:00

     火〜日曜日⇒17:00〜21:00

定休日:月曜日・12月31日・1月1日・5月10日、11日

カード・電子マネー不可

 

こちらもCHECK

 

ウエモンズハートのソフトクリーム

北海道と言ったらお菓子スイーツが美味しいのはみなさんも知っているとは思いますが、今回は帯広で取れた新鮮な牛乳を使ったソフトクリームを紹介します。

このウエモンズハートは、帯広の街から少し離れた場所にあり、牧場のすぐそばに位置しています。

濃厚なミルクを使ったソフトクリームは牧場が隣接しているからこそ、ここまで濃厚に仕立て上げることができるのだろうと思う一品です。

他にも様々な種類のジェラートを取り扱っているので伺った際はぜひ両方召し上がっていただきたいです。

 

店舗情報

ウエモンズハート

住所:帯広市西23条南6丁目13番地

TEL:0155-33-6064

営業時間:4月〜10月⇒10:00〜18:00(無休)

     3・11・12月⇒10:00〜17:00(水曜定休日)

※1月・2月は冬季休業

 

六花亭のお菓子

六花亭をご存知な方は多いと思います。

全国の百貨店で開催される北海道物産展でも出店されている定番のお店ですね。

ここ帯広に本社を構える六花亭は、私がお土産に持って帰るなら必ず立ち寄るお店の一つです。

北海道といえば白い恋人がお土産として人気ですが、ぜひ六花亭のお菓子をお土産にしてはいかがでしょうか?

 

ここからは、オススメの商品を紹介していきたいと思います。

まず1つ目、「雪やこんこ」。

このお菓子はココア味のビスケット2枚にバニラクリームが挟まった商品です。

クッキーの表面に複数の丸い穴が開いており、まるで雪が降っている光景に見えることから、「雪やこんこ」と命名されたのでしょう。

オススメの食べ方は、牛乳と一緒に食べるのがベストだと思います。

牛乳にビスケットの表面をつけて食べるのが昔っから大好きでした。

 

 

次に紹介するのは「大平原」です。

この商品は、北海道産のバターをふんだんに使用した香り豊かなマドレーヌとなっております。

この大平原はとても人気で、六花亭のお菓子詰め合わせをもらうと必ず取り合いになるほどです。

私は帰省してお土産に必ず買うのですが、我慢できずに空港のお土産屋さんで一口サイズで売られている大平原を購入し、飛行機の中で食べるのが毎回帰省した時の楽しみになっています。

この大平原のオススメの食べ方も牛乳と一緒に食べるのがオススメです。

もしかしたら、六花亭のお菓子は全部牛乳と食べるのがオススメと言えるほど相性がいいのかも。

 

 

最後はお土産には少し適さないのですが、六花亭に行ったらぜひ食べていただきたいのが「サクサクパイ」という商品です。

これをお土産として持って帰れないのが悔しい、、それくらい美味しいんです。

なぜお土産に持って帰れないかと言うと、賞味期限が3時間という超貴重なお菓子なんです!

 

中にたっぷり入った北海道産の牛乳で作ったクリーム、これを包むサックサクのパイ、大好きすぎて1日5本食べたことがあります。

お土産を六花亭で選び、中にあるカフェでサクサクパイとコーヒーと一緒にいただいてみてはいかがでしょうか?

 

店舗情報

六花亭帯広本店

住所:北海道帯広市西2条南9丁目6

TEL:0155-24-6666

営業時間:9:00~18:00(喫茶:11:00〜16:30 水曜定休日)

駐車場:19台

◎帯広地区15店舗

◎札幌・札幌近郊地区39店舗

◎釧路地区3店舗

◎函館地区5店舗

◎旭川・富良野地区5店舗

 

カフェ ブルーベリー

帯広市中心部の喫茶店「cafe Blueberry(カフェブルーベリー)」。

店内は落ち着いた雰囲気で、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

 

こちらのカフェは、こだわりのコーヒー豆を使用したコーヒーや、季節のフルーツを使ったスイーツが人気のメニューです。

特に、ブルーベリーを使ったパフェやケーキは、その美味しさからリピーターも多いです。

また、店内にはパンや焼き菓子も販売されており、お土産にもぴったり。

帯広市内での観光や散策の際には、ぜひ「ブルーベリー」で休憩してみてはいかがでしょうか。

 

店舗情報

カフェ ブルーベリー

住所:帯広市昭和町基線107-32

営業時間:11:00〜16:00

定休日:水〜土曜日(日・月・火営業)

駐車場:あり

 

北海道グルメに関するまとめ

今回は北海道帯広のグルメを紹介させていただきましたが、北海道にはまだまだ多くの美味しいものがおります。

まずはその一つであるここ帯広に立ち寄ってみてはいかがでしょうか? 

 

 

    -レビュー・口コミ, 記事