ライフスタイル 記事

副業はおすすめしない?やめた方がいい副業とやった方がいい副業を解説

なぜ副業をするのか

現在、コロナの影響もあり将来の不安・失業・収入の低下・増税など様々な理由で生活苦に陥る人が増えています。

会社員であっても昔ながらの安定の文字は薄れ、毎年のボーナスと昇給が確実にあるのかと言われれば不透明。

大手であっても最近はリストラなどを行う会社が出ています。

収入を増やす為には、副業をする事が1番手っ取り早い方法の一つです。

 

まとめ

     <なぜ副業をするのか?>

      ・将来の不安

      ・収入の低下

      ・各税金の負担増

          ⇓

        収入を増やすため

 

副業を始める前に

副業を始めたいと考えている方、思いつきで始めるのではなく、まずは事前に決めておくべきことがあります。

しっかりとした計画で始めることが大切です。

副業に使う時間配分

これは大事なことです。

自分がどの時間を使って副業をするのか?

仕事が終わった後、仕事の合間、出勤前、など副業に使う時間を事前に決めておきましょう。

副業のジャンルを決める

そして、自分がどんな副業を始めようとしているのか。

自分の得意分野で行うのか、誰でもできるものから始めるのか、事前にどんな副業のジャンルがあるのかを調べてみましょう。

副業で稼ぎたい金額を決める

ある程度の毎月の稼ぎたい金額を考えておくと自分が副業へ使う時間も決められます

いきなり高い金額を設定すると挫折してしまう可能性もあるので、低い金額から設定をしてクリアしたら上げていく、という風にするとやりがいも感じられるかもしれません。

 

計画的に行うことが重要です。無鉄砲にノリで始めるとすぐ挫折してしまいます。

 

まとめ

  <副業をする前に決めておくこと>

    ・副業に使う時間

    ・副業のジャンル

    ・副業で稼ぎたい金額

 

こちらもCHECK

Amazonのなりすましメールにはご注意を!頻繁に届くメールを公開

Amazonから頻繁に届くなりすましメールを紹介。送られてくる内容をよく見ると不可解な部分があったりするので、メールをじっくり読み直すことが重要です。クリックしてしまう前に冷静な判断を!

続きを見る

 

おすすめしない副業とは

副業と考えると、

会社就業後にアルバイトを行う → 単純作業で時間をお金に変える(時給)

と、考える方が大半だと思います。

会社就業後19時〜22時まで働いて時給1,000円だと3,000円。

効率的に稼げる方法ですね。

好きなアルバイトで違う分野の経験を積みたいなど目的があればいいですが、ただお金のために働いていると、体の疲れが蓄積され、いつか壊れてしまいます。

そこで次に、おすすめする副業を紹介します。

 

まとめ

    ・会社後の時給労働

    ・お金のためだけの単純作業

    ・時間をお金に変える

         ⇓

     おすすめしない副業

 

目標を設定し、夢のある副業を実践するとモチベーションも上がりますね。

 

おすすめする副業とは

前節でおすすめしない副業を説明しました。

では、おすすめする副業とは、

副業を通じて自分の価値があがり、将来の選択肢が増える。

 

ここで一つの例を挙げさせて頂くと、

現在は在宅で仕事を受注できる『ココナラ』『シュフティ』など便利なアプリがあります。

無料で登録ができ、個人として仕事を受注することができます。

 

登録して中を見ていただければ分かりますが、
ここでは個人間(C to C)・会社と個人(B to C)の仕事の受発注が表示されています。

 

この中で未経験の人でも比較的稼ぎやすいのがライターの仕事

1,000文字100円〜など自分で単価を決める事ができ、他の人が発注をかけている仕事を引き受ける事もできます。

 

経験を積めば積むほどライティング速度・受注単価はあがり、顧客がついていきます。

こうなれば、自分のペースでお金を稼ぐ事ができ かつ 高単価で仕事ができます。

他人に認められる記事を書けるようになると、ブログでアフェリエイトを始めたりと稼ぐ選択肢が増えます。

 

自分の得意な分野で勝負し、それを実績・経験値として誰にも縛られない稼ぎ方が実現できます。

 

まとめ

・自分の好きな時間に稼げる

・副業を通じて自分の価値が上がる

・価値が上がることによって選択肢が増える

          ⇓

      おすすめする副業

 

こちらもCHECK

一人暮らしの節約術|通販を上手に使ってお金を貯める方法

一人暮らしの節約方法として、通販を利用するという方法があります。上手に活用すれば十分節約になるので、節約を考えている方におすすめの節約術です。

続きを見る

 

どこで仕事を探すのか

私がおすすめするのはココナラです。

CMで知名度もあり、初心者の方でも仕事の受発注がしやすく、運営側もある程度柔軟に対応してくれます。

 

様々なサービスがあり、自分の得意な分野探しをするのも、前節で説明しましたが、ライター募集案件も多数ありますので、自分の実力を上げる為に挑戦し、自分の価値(文字単価)をあげても良いでしょう。

 

自分の実力に合わせて文字単価を変えていくことができるので、上達の実感が感じやすいのも個人のライターを行うメリットでもあります。

 

相手からの良い評価をもらうことでも自分に自信がつき、ライター職に夢が持てますよ。

 

私も最初は他のサイト(ランサーズ・クラウドワークス)を利用していましたが、最近はココナラをメインに記事の発注を出したりしています。

そんな私がおすすめするココナラはこちらから始めることができます。

⇓⇓


30人に聞いた副業をおすすめする理由・おすすめしない理由の調査結果

30人の副業経験者に、『副業はおすすめする?おすすめしない?』という内容でアンケートを行いました。

結果は以下の通り。

  ⇓⇓

ほとんどの方が「副業をおすすめする」と答えました。

詳細内容を解説していきます。

 

「副業をおすすめしない」と答えた方の意見

「副業をおすすめしない」と答えた4名の意見を紹介していきます。

34才男性

本業:営業職

副業歴1年・海外向け動画販売で月平均10,000円の収入。

事業立ち上げまでにかかる労力、そして実際に売り上げが出るまでの期間は相当かかります。生半可な覚悟では売り上げが出ないうちに頓挫してしまうと思うので、多くの人には薦めません。

52才男性

本業:会社員

副業歴10年・転売でトータル300万円の収入。

ノウハウを身につける努力、本業をしながらの時間配分は、相当精神的にも肉体的にも労力を使います。自分が好きなことでないと副業で稼ぐのは難しいと思います。

40才女性

本業:会社員

副業歴10ヶ月・某ラジオ番組の内容を要約したブログ執筆(週1回)でトータル6万円の収入。

本業に支障ない程度にするのが一番だが、慣れてないうちは時間管理が難しいし、そのバランスをとるのが難しいならやめるべき。

42才男性

本業:会社員

副業歴半年・Webライターで月1万円の収入。

アフェリエイト・広告収入がメインですが、収入の変動もあり安定しないため、稼げるようになるには時間がかかります。

 

「副業はおすすめしない」と答えた意見のまとめ

収入面や副業に使う時間などを理由に「おすすめしない」という方が多いですね。

副業の種類は様々ですが、十分な稼ぎが実現するまでは時間がかかるので、長い時間をかけたくないと思う方はやめておきましょう。

 

また、本業との掛け持ちという形になりますが、本業で忙しい仕事をしている人は、副業を始めることは難しいです。

自分が得意なことを趣味感覚でやると、お金に執着せず長続きするかもしれませんね。

時間配分、予定収入額をしっかり計画し、できると確信してから副業を始めましょう。

 

「副業はおすすめする」と答えた方の意見

次に、「おすすめする」と答えた26名の意見を紹介していきます。

31才男性

本業:会社員

アルバイトで月15,000円の収入。隙間時間にできるアンケートがおすすめです。

60才男性

本業:定年退職後現在は無職

副業歴半年・なんでも屋(高齢者家庭の家事一般なんでも請け負う)で月3万円の収入。

高齢化社会においてちょっとした用事を安価で引き受けてくれるなんでも屋は非常にニーズが高いです。定年しても60代はまだまだ働けます。

38才女性

本業:経営アドバイザー

副業1年・モニターやアンケート等で月2万円の収入。

スマホを扱う時間がお金を稼げる時間になるようなアンケート系がおすすめです。無駄にスマホを扱うよりもお金になった方が時間を有効に使えます。

45才男性

本業:会社員

副業歴4年・物販とライティングで月平均4〜6万円の収入。

初めてならばライティング等がおすすめ。物販は情報過多な部分があり、正確に情報を読み取り自分の取引をするまでに寄り道してしまう可能性があります。

25才男性

本業:転職エージェント

副業歴3年・ブログ運営で月収10万円

ブログ運営は手軽でレバレッジが効くからおすすめです。

36才男性

本業:建設業

副業歴1年・ブログ、ランサーズ、クラウドワークス等のタスク作業で月2,000〜3,000円の収入。

隙間時間を有効活用できるのでおすすめです。

52才男性

本業:古物商

副業歴2年・株式投資で年間30万円程の収入。

株主優待狙いは労力が小さく、投資初心者にも比較的おすすめです。価格変動のリスクはありますが、配当+優待の魅力も大きいです。

32才男性

本業:飲食店勤務

クラウドソーシング、アンケートモニターで月5~13万円の収入です。

まずはアンケートモニターからやるのがおすすめです。誰でも気軽にスタートできます。

35才男性

本業:営業職

副業1ヶ月・覆面無料カウンセリング等で月1万円の収入。

覆面系は特別なスキルが不要なのでおすすめです。

19才男性

本業:コンビニバイト

物販で月7万円前後の収入。メルカリ物販は始めるのが簡単です。

39才女性

本業:日本語教師

デザイン系の副業で月8〜10万円の収入。

何か得意な事がある人はそれを活かすことができる副業がいいかと思いますが、自宅でできる事務的な副業がおすすめです。あくまでも副業なので、本業よりも自分にとってストレスがかからない副業を選ぶことが大切です。

53才男性

本業:ライター

副業歴1年・アンケートサイトで月に3,000円の収入。

隙間時間にでき、すぐに始められます。

32才男性

本業:製造業

ライティングで毎月1,000円ほどの収入。

少しの収入でも生活のためになるので、しないよりはする方がいいです。

33才男性

本業:会社員

副業歴1年・ライティングで月15,000円の収入。

ライティングは手軽にできるので初心者の方でも始めやすいです。

41才女性

本業:介護士

ライティングの仕事で月7,500円ぐらいの収入。

ライティングは、正しい日本語の勉強にもなるので本業や私生活でも必ず役に立ちます。やればやるほど実力もついてくるのでその場限りではなく、実力のある人は稼ぎやすいと思います。

33才女性

本業:医療事務

ポイ活とアンケートモニターで月1,000円ぐらいの収入。

大きな金額にはなりませんが、隙間時間にスマホ1つで簡単にできるのでおすすめです。

31才男性

本業:介護士

ブログ制作で月5万円の収入。

私はブログ制作で収入を得ていますが、簡単な作業の方がスキルも必要なく難易度も低いので始めやすいです。

43才男性

本業:在宅ワーカー

ポイントサイト、ライティングで月6,000円の収入。

ライティングはすぐにでも簡単に始められ、続けることでスキルが身につき収入も徐々に上がります。

43才男性

本業:料理人

パン屋さん・ファミレスの深夜バイト(調理)で月4〜5万の収入。

深夜帯は時給がよく、知り合いに会うこともないです。

28才女性

本業:医療従事者

フリマ、クラウドソーシングで月1〜2万円の収入。

自宅にいてスマホ1台で稼げるので楽です。スキマ時間があるなら少しでも稼いだ方が絶対いいです。

30才女性

本業:イベントコンパニオン

Webライターで月3万の収入。

タイピングができるならWebライターをおすすめします。一番低コストですぐに始められる仕事だからです。

55才女性

本業:小売業

ランサーズのタスク作業で月1,000円ぐらいの収入。

今は勉強中ですが、そのうちライティング作業もできたら会社を定年退職後にそれで年金の足しにしていきたいと思っています。

28才男性

本業:化粧品製造業

副業歴1年半・転売で月5,000〜10,000円ほどの収入

実際に電気屋を巡りセールなどで安く売られている物を購入して、購入金額より高い金額でフリマアプリで出品しています。複合ショッピング施設に入っている電気屋のような所であれば、普段の買い物のついでに商品の仕入れができたりするので楽です。

43才男性

本業:事務員

ライティングで月5万ほどの収入です。

ライティングは自分のペースと時間でできますし、テレビや動画による受け身の時代に合って能動的に文章を創り上げる「脳トレ」にもなり良いです

20才女性

本業:学生

ランサーズとポイ活で月1,000〜2,000円

いくつかのポイ活をやっているのですが、そのポイ活の中でもお勧めなのがマクロミルです。結構貯まります。

24才男性

本業:建設コンサル

副業歴2年・YouTuberで年間3万円ほどの収入。

配信をしたりするのが楽しい人はおすすめの副業です。

 

「副業をおすすめする」と答えた意見のまとめ

おすすめする副業として、意見が多かった順として、

ライティング

アンケートモニター

クラウドソーシング

以上のようになりました。

どの副業も、初心者でも気楽に始めやすいジャンルですね。

「副業」と聞くと手を出しにくいイメージを持っている人もいるかもしれませんが、今では副業の種類も幅広く、年齢性別問わず挑戦できます。

 

稼げる額の多さや稼げるまでの期間は人それぞれですが、一番大事なことは自分の好きなジャンルで始めるということです。

本業とは違い、自分の好きな時間に行い、好きなことを仕事にして無理なく収入を得ることが目的なので、どんな副業があるのかを調べ、「これならできそうだ。」と思う仕事から始めてみましょう。

 

\お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス/

自分には無理だと思った方へ

例としてライターの仕事をあげさせて頂きましたが、文字を書く仕事は苦手な人も多く、慣れるまではアルバイトなどより時給換算で低いでしょう。

短期的な副業でお金を稼ぐ為にはアルバイトもいいですが、将来性を考えた場合、会社が急に倒産した・解雇にあった・ボーナスがなくなったなど、
想定外の事が起こった場合に、自分の価値を上げる副業を今から始めるのも一つの保険だと思います。

 

まずは簡単なものから始めて、徐々にレベルを上げていくことでスキルアップにも繋がり今後の仕事への幅も広がっていきます。

副業をして自分の価値がマイナスになることはないので、自分ができる範囲で副業をしてみてはいかがですか。

 

クラウドソーシング・在宅ワークなら【Craudia(クラウディア)】

-ライフスタイル, 記事